歌舞伎座浮世絵散歩

バックナンバー
2021.12掲載

第一回「読み解き浮世絵コード」

歌川広重さんの出世作、永谷園のお茶漬のりのおまけでも有名な東海道五十三次シリーズ、その最初の日本橋 朝の景です。
現在ならば橋の向こう左側の火の見櫓の辺りに日本橋三越本店があり、また正面の屋根の櫓の左手辺りに、コレド室町の高層ビルが建っている事になります。
お江戸の五街道の起点、今は首都高速の高架下の日本橋の200年ほど昔の風景です。

その橋の上には参勤交代の大名行列の先頭を行く奴さんたちが、日本橋室町側・JR神田駅方面から、南・銀座方面に向かって眠そうなお顔で渡って来る、日の出前のシーンです。
当時、西国のお大名が旅立つのは、旧暦の3月か4月頃という決まりがありました。また歌に云う「♪お江戸日本橋七つ立ち♪」この「七つ」は、だいたい朝の四時、まだ薄暗い日の出前のパレードのスタートです。そしてこの手前の庶民の方々、ご職業は魚屋さん(お一人だけやっちゃ場*からの八百屋さんも交じっていますが)、向こう河岸の右手にあった歌舞伎のよき理解者・スポンサーでもあった魚市場、そこで仕入れた新鮮な魚を天秤棒で担いで、「おっとと!!今日の行列はぁ長げいよ」とばかりに橋を渡ってきました。江戸府内では、土下座をすることはなく避けるだけで良かったと言います。その頭の上の桶の中には初鰹、さらに鯛、また天秤棒の下の桶には、四角の「まな板」が見えます。魚市場で仕入れた新鮮な魚を長屋の井戸端まで運んで来てくれて、さらに持参したまな板と包丁で、三枚におろして料理の下拵えまでしてくれる、まったく便利な魚屋さん、更にお客様のお皿に盛りつけて、ゴミの出にくい持続可能なエコな江戸の町でもありました。
*やっちゃ場とは、青物市場の事。

【写真】
上:東海道五十三次 日本橋 朝の景
二段目左:参勤交代の奴さん
二段目右:手前の棒振り(ぼてふり・魚屋さん)さんたち
三段目左:頭の桶の中味(かつおと鯛)
三段目右:魚屋さんの桶の中のまな板(手前の桶)
四段目左:八百屋の籠の中(大根、ゴボウ、青菜)
四段目右:火の見櫓

2022.01掲載

第二回 読み解き浮世絵コード
~まりこ名物・とろろ汁~

広重さんの東海道五十三次の中で「最大の謎」といわれている作品です。

この鞠子宿は、品川宿から数えて20番目(「丸子」とも書く)の東海道53宿の中で特に小さな宿場だったと言われ、現在の静岡県静岡市駿河区丸子あたりの宿場です。

1800年頃から、江戸の一般庶民も神社仏閣を巡ると言う事にして、観光旅行を始めました。そのきっかけのひとつが、お江戸の旅行作家、十返舎一九さんの『東海道中膝栗毛』、大人気となり、よく読まれました。主人公は50歳の弥次郎兵衛さんと30歳の喜多八さん、「お弥次さん喜多さん」お二人の珍道中、日本橋から旅立って、お伊勢さんへ、さらに京都・大坂、金比羅山へとの旅行記です。ちなみにこの「膝栗毛」とは、自分の膝を栗色の馬になぞらえて、自分の足で歩き通した旅と言う事です。 そのお二人と思しき旅人が、鞠子の茶屋で、咲きはじめた梅の脇の茶店で赤ちゃんをおぶっておかみさんの接客で、名物の「とろろ汁やお酒など」を縁台のシーンとして描かれています。
その立て看板にも「名ぶつとろろ汁」、そして店の障子には「御茶漬」「酒さかな」のメニューも読み取れます。

この「東海道五十三次」は、大ヒットした旅行記『東海道中膝栗毛』の「ヴィジュアル版」、浮世絵の版元・保永堂さんの日本橋から京都までを55枚でつづった東海道の「カラー・旅行ガイドブック」だったのかも知れません。

そしてこの鞠子辺りは山の芋(自然薯)名産地、だし味噌汁で溶いたとろろ汁を麦飯にかけて食べるのが地元流、旅人は、そのとろろ汁で精をつけて隣の「宇津の谷峠」に備えたのでしょうか。
現在でも14代続く「丁子屋さん」が、その美味を伝えておいでです。

そしてシリーズ最大の謎とは、この「くわえキセル」おじさんの持っている「棹」です。杖や竹刀では長すぎる、先が細くないので釣竿でもなく、物干しでは短く、この棒の正体が「謎」でした。

このおじさん、茶店のおかみさんに、採りたての山の芋を、たった今良い値で買ってもらって、自宅への帰るところを描いているのです。
「自然薯」の商品価値は、傷も折れもなく真っすぐな品が「優良品の上物」と言う訳で、おじさん、後生大事に折れないように、この棒を添え木にして、筵(こも)で包んで大事に運んできて、お店に納品を無時終えて、その帰り道の場面です。
お店の外には「鋤とむしろ」、そして縁台の上に残された煙草盆と茶碗。
自然薯を売りにきたおじさん、今までここに座ってお茶をふるまわれ、たばこ一服と休んでいたのでしょうか、更にいい値で買ってもらって、腰の巾着もふくらんでいるようです、「今夜の酒もうめえら♪」。