買いたいものはここにある!

バックナンバー
  • 「釣鐘まんじゅう(黒あん・白あん各3個入)」800円『鐘ヶ岬』

    紀州最古の寺「道成寺」、門前に構える老舗「雲水」の「釣鐘まんじゅう(黒あん・白あん各3個入)」。
    安珍清姫伝説の鐘の可愛らしい品ですが、こし餡がタップリ。
    食べ応えも十分です。

  • 栗まんじゅう「弥陀六」(6個入)950円『熊谷陣屋』

    登場人物・白毫弥陀六に因んで作られた、栗まんじゅう。
    剛直でありながら慈愛の心を持った老武士「弥陀六」をイメージした、大阪の老舗「文楽せんべい本舗」の銘菓です。
    じっくり煮込んだ栗の味は格別!

  • 「大徳寺粒納豆(80g 箱入り)」760円『戻駕色相肩』

    舞台となった京都市紫野の代表的なお土産。
    古来より大徳寺に伝わる保存食、お茶漬けやお酒のおつまみに好適です。
    炒め物や和え物に刻んでいれると香ばしいさと風味の良さがお口の中に広がります。

  • 「五右衛門ようかん(3本入)」870円『楼門五三桐』

    舞台となる京都・南禅寺のお土産。
    日本三大門の一つに数えられる南禅寺三門が描かれたパッケージ!
    「黒糖」「栗」「抹茶」3種味が楽しめます。

  • 「ピーナツせんべい(22枚入)」1,000円『本朝廿四孝』

    舞台となった諏訪大社みやげ、大社煎餅「ピーナツせんべい」。
    熟練した職人の手で仕込みから焼き、包装に至るまで全て手作業。
    噛めば噛むほど、ピーナッツの香り・芳ばしさが楽しめる煎餅です。

  • 「どろぼう(120g)」450円『泥棒と若殿』

    「どろぼうしてでも食べたい」ほど美味しいと言われ、この名が付きました。
    “山幸(しゃんこ)”とは、米や粟など穀物を黒砂糖で固めた「おこし」の事。
    昔から京都で山幸を販売する格子家の人気商品。いまではめったにお目にかかれない、珍しい和菓子をぜひどうぞ!

  • 「将門煎餅(厚焼き10枚入)」700円『神田祭』

    舞台となる神田明神土産の定番です。
    関東平野の水稲米を使用し、吟醸された風味のよい醤油をタレにしています。

  • 「元禄浪士あま酒」430円『仮名手本忠臣蔵』

    創業1688年の老舗「ちくま味噌」の「元禄浪士 あま酒」(5人前)。
    厳選した米でつくった米麹をたっぷり使い、昔ながらの手造り製法。
    あま酒本来の、ほんのりとした風味と甘さが特徴です。

  • 「ふぐ煎餅」600円『らくだ』

    物語に出てくる河豚にちなんだ「ふぐ煎餅」(14枚入)。
    サクッとした触感の河豚風味のお煎餅。
    ピリッと辛子マヨネーズ味で、お茶うけにも最適の人気商品です。

  • 「五郎力餅」1,030円『壽浅草柱建』

    創業明治38年 曽我乃正栄堂「五郎力餅(こし餡・白餡各3個入)」。
    曽我兄弟ゆかりの地、富士のふもと曾我の里で人気のお土産、第14回全国菓子博で特等賞を受賞、国産豆のこし餡・白餡をしっとり包みました。食べやすい、やさしい甘さが好評です。

  • 「曽我煎餅」1,290円『壽浅草柱建』

    曽我の仇討にちなんだ「曽我煎餅」10枚入り。
    国産小麦と卵、牛乳で焼き上げた明治38年創業から変わらぬ味。懐かしくも味わい深い美味しさです。
    第17回全国菓子大博覧会無鑑査賞受賞の銘菓です。

  • 「石見神楽面 須佐之男命」島根県 出雲市・大田市

    豊かな自然に恵まれた、島根。この土地で育まれた素材、技法によって受け継がれてきた工芸品です。
    石見の伝統工芸品である石州和紙を幾重にも貼り重ね、彩色を施します。すべて手作業で仕上げる和紙面です。
    石見の地では、一家の繁栄と安全を祈る象徴として家に飾られ、人々の暮らしを見守り続けています。

  • 「石見神楽カレンダー」島根県 出雲市・大田市

    日本遺産にも認定された、伝統芸能・石見神楽のカレンダー。浜田市内の石見神楽社中さんの大迫力の写真を月替わりで堪能できます!今回は、前月にコロナ退散を願うお守り「茅の輪マーク」入りです!
    【カレンダー仕様】
    月めくり・フルカラー・A3サイズ 297×420mm 展開A2サイズ 420×594mm
    1月:「恵比須」
    2月:「八衢」
    3月:「道返し」
    4月:「四神」
    5月:「頼政」
    6月:「黒塚」
    7月:「天神」
    8月:「塵輪」 
    9月:「鐘馗」
    10月:「日本武尊」
    11月:「五神」
    12月:「大蛇」

  • 大田市岡富商店
    「<二人前>地魚ひもの」島根県 出雲市・大田市

    干物は古くからあるファストフード。 解凍しておいて焼くだけ! 忙しい現代人にぴったりです。
    「岡富商店」は島根沖日本海、『一日漁』で水揚げされた新鮮な原料、それぞれの魚のもっとも脂のノリのいい時期旬獲れの原料にこだわって干物を造り続けています。原料が良質だから、塩以外何も加えず100%無添加で美味しく、安全な干物を造ることができます。
    【白かれい】(エテカレイ、宗八カレイ)、【あじ】(マアジ)、【かます】(アカカマス)、【れんこ鯛】がそれぞれ2枚ずつ入っていますので(※カマスは小サイズ3枚の場合があります。)、お二人で召し上がるのに丁度いいお試しセットです。
    【あじ】は県内産(島根県産)となりますが、その他はすべて地元、島根県大田市『一日漁』で水揚げされた魚を使用しています。
    【内容量】
    白かれい(70g前後)×2枚、あじ(18cm前後)×2枚、かます(28cm前後)×2枚、または(25cm前後)×3枚、れんこ鯛(100~130g)×2枚

  • 「山葡萄じゅーす」山梨県早川町

    今年は、限定400本!
    南アルプス邑、早川町で育てた山葡萄(ヤマ・ソーヴィニオン)で作った、無添加の「100%山ぶどうジュース」です。
    愛情込めて育てた山ぶどうを、渋味や雑味が出ないよう、一粒々、果梗(房の茎の部分)より外し絞りました。濃厚でとっても甘く、微かな酸味が特徴です。愛情込めて育てた山ぶどう達の甘くコクのあるジュースをどうぞご賞味下さい。

  • 「雨畑硯」山梨県早川町

    雨畑川の渓谷で永い眠りから覚めた原石は、程よい黒の輝きを放つ、自然が造形した逸品です。雨畑真石硯は天然原石からひとつひとつ手作りした職人の技が光る一点物。二つと同じものは出来ません。使って初めて良さがわかるのが雨畑真石硯です。粒子が細かく下墨発墨、水持ちが良く硯に最も適した石質です。使用による硯の変形もほとんど無く、寿命が永いことも特徴です。

  • 「雨畑真石」美肌ストーン山梨県早川町

    硯にならなかった部分を有効活用しようと製品化した「雨畑ブラックシリカ」。ブラックシリカの中でも遠赤外線放射率が高く、目に見えない鋒鋩の凸凹がある雨畑真石硯は天然原石の持つ特性を生かしたマッサージ用かっさプレート。 ひとつひとつ手作りのため大きさや形などが違います。

  • 生芋「こんにゃく」山梨県早川町

    生芋こんにゃくは、こんにゃく芋を生芋のまま使用し、手作りで仕上げた昔ながらのこんにゃくです。先人の優れた伝統と技術が受け継がれています。シコシコと歯切れがよく、風味豊かな美味しいこんにゃくで、田楽、煮物の最適です。

  • 「白鳳みそ」 山梨県早川町

    早川町内・山梨県産の良質の大豆(あやこがね)と、麦麹、麹、塩のみを使い、蔵で1年以上じっくりと成熟させた無添加手づくり味噌です。また、熱処理等によりこうじ菌が活動を停止していないため、発酵を続けている生きている味噌です。

  • 「乾燥しいたけ」山梨県早川町

    香り高い乾しいたけ、早川町の乾燥しいたけは、香りも高くスライスしてあるので、とても便利です。 

  • 日光おかき工房「日光おかき眠り猫」『京人形』(きょうにんぎょう)

    登場人物の左甚五郎の彫刻で有名な日光東照宮の眠り猫をモチーフにした缶です。
    餅米の風味とピーナッツの旨味が生きたあられが入っています。

  • 日影茶屋「日影大福」『双蝶々曲輪日記』(ふたつちょうちょうくるわにっき)

    たっぷりの粒餡が薄いもちもちのお餅に包まれた優しい甘さが美味。滋賀羽二重糯を使用し、杵で丁寧に突き上げた餅生地で作りましたお米本来の香をお楽しみください。

  • 日影茶屋「鎌倉小町」『双蝶々曲輪日記』(ふたつちょうちょうくるわにっき)

    西尾産の抹茶を使用した、和風パウンドケーキ。アーモンドパウダーを多めに使い、しっとりとした仕上がりが特徴です。

  • 「大仏ビール」『双蝶々曲輪日記』(ふたつちょうちょうくるわにっき)

    湘南ビールのレギュラーアイテムとして発売されているビールです。ドイツのシュバルツというビアスタイルでつくられておりローストモルトの芳ばしい香りが印象的。ラガー酵母でつくられているため比較的軽い口あたりが特徴です。

  • 曽我乃正栄堂「五郎力餅」『寿曽我対面』

    登場人物の曽我五郎に因んだ曽我兄弟ゆかりの小田原銘菓です。
    国産豆のこし餡・しろ餡を求肥で優しく包み、口どけがよく程良い食感です。
    無添加で原材料にこだわった伝統の和菓子です。
    第14回全国菓子大博覧会特等賞受賞。

  • 曽我乃正栄堂「曽我煎餅」『寿曽我対面』

    国産小麦・卵・砂糖をバランスよく焼き上げました。
    明治38年創業からの変わらぬ味は素朴で懐かしくも味わい深い美味しさです。
    小さいお子様からご年配まで楽しめる,口どけの良いおせんべいです。
    第14回全国菓子博特等賞・第17全国菓子博無鑑査賞

  • いおり庵「お茶のともお煎餅」『色彩間苅豆 かさね』

    茨城県常総市水海道の駅前、茶室を配した和風の店「いおり庵」。風味豊かなお煎餅はもちろん、「水海道で知らない者はない」とされるほど長く地元で愛されています。
    【円(まどか) 】サラダ味を一口サイズに食べやすく、色も形も小さなまんまるお月様。
    【京】ほんのり甘く、表面に海苔をちりばめました。
    【黒胡麻】口いっぱいにひろがる胡麻の香り。美容にも健康にも◎
    いおり庵オンラインショッピングはこちら

  • 中井春風堂 「吉野本葛湯」『義経千本桜 吉野山』

    葛根100%の吉野本葛と徳島県で栽培された竹糖より精製される阿波和三盆糖だけを使用した、最高級の葛湯です。葛特有の薬効成分からの血行促進効果や、和三盆の持つたっぷりのミネラルが疲れた体に沁みわたります。

  • 中井春風堂「葛もち(黒みつ入り)」『義経千本桜 吉野山』

    やわらかい葛もちに、とろりとした黒みつが入っています。きな粉がまぶしてありますが、別にきな粉が付いているのでたっぷりと絡めてお召し上がりください。

  • 中井春風堂「葛ラムネ」『義経千本桜 吉野山』

    混ぜ合わせた生地を杵と臼で長時間つき合わせる伝統的な技法をもとに、ほどよい酸味とシュワシュワ感を楽しめる“葛ラムネ”上品な口どけや滑らかさをお楽しみいただけます。レモン・甘夏・青リンゴ・ラズベリーの4種入り。

  • 小泉酒造「与三郎」『与話情浮名横櫛』

    創業寛政5年(1793年)200年余りの歴史を持つ老舗の酒蔵である小泉酒造から、千葉県木更津にゆかりのあるお酒です。与三郎、飲むほどに飽きの来ないキリッとした淡麗辛口の旨いお酒です。

  • 小泉酒造「吟醸 お富さん」『与話情浮名横櫛』

    同じく小泉酒造から「吟醸酒 お富さん」は、上品な香り、気品溢れる透明感のある逸品です。優しく優雅な香りと共に、米の旨味や甘味が広がります。後味にはスッキリと引き締まった酸の余韻が心地よいです。

  • 石川県小松の銘菓「安宅の関」歌舞伎十八番『勧進帳』

    勧進帳に見立てた「弁慶羊羹」、富樫の紋が入った「富樫最中」と、「すはま」に胡桃をのせ、笛に仕上げた「義経の笛(練り菓子)」の詰合せ。

  • 和歌山県「釣鐘まんじゅう」『京鹿子娘道成寺』

    紀州道成寺の門前に構える老舗「雲水」の銘菓安珍清姫伝説の鐘を模した可愛らしい一品。甘さ控えめの、こし餡(黒あん・白あん)がタップリ。食べ応えも十分。

  • 京都 井筒八ツ橋本舗「夕霧」『廓文章 吉田屋』

    夕霧に思いを寄せる伊左衛門が持つ冬編笠を象った小倉あん入りの生八ッ橋。味は「水尾の柚子」と「ニッキ」の2種類。主人公の名前「夕霧太夫」から「夕霧」と名付けられました。

  • 奈良県「権太の涙」『義経千本桜』

    登場人物“いがみの権太”ゆかりの純米吟醸酒。舞台の奈良県吉野郡下市町産の「ヒノヒカリ」を 100%使用した、香りがよく、呑みやすいあっさりとした喉ごし良い辛口。

  • 静岡県府中「安倍川もち」『東海道中膝栗毛』

    江戸時代から広く愛されてきた東海道19番目府中宿の名物です。「黄粉」と「餡」に包まれた柔らかな一口サイズのお餅。表に描かれた浮世絵の喜多八も雰囲気抜群です。

  • 福島県安達ケ原「黒塚焼き」『黒塚』

    安達原の鬼女の「岩屋」や、遺骸が埋められたとされる「黒塚」の残る奥州・安達ケ原の観世寺。その近くに店を構える九頭見菓子舗が「岩屋」をイメージして作ったクッキー生地の御菓子。岩のようにゴツゴツとした見た目とは違い、口当たりは柔らか。餡入りで食べやすく、個包装でお土産に好適です!

  • 三重県鈴鹿「KODAYU 光太夫」『月光露針路日本』

    漂流した船でロシアにたどり着き、日ソの国際交流の先駆者として夢と勇気を与えた大黒屋光太夫。光太夫の故郷、三重県鈴鹿の「小原木本舗 大徳屋長久」の銘菓は、チョコレートと黄身あんを、しっとりやわらかな皮で包んだミルク饅頭。日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶にも合う逸品です。

  • 奈良県新口町 欣月堂
    「梅川忠兵衛恋飛脚」『新口村』

    登場人物“梅川”と“忠兵衛”に因んで作られた奈良県橿原市新口町にある欣月堂の和菓子です。白餡と桃の果肉の味わいでほんのり甘酸っぱい恋の味を表現しています。

  • 小田原「ういろう」『外郎売』

    伝統の棹型にこだわり、もっしりとした食感とほのかな甘さが特徴です。