プレオープン!

歌舞伎座楽市とは

全国各地の観光・商品・店舗を紹介する「歌舞伎座楽市」を新たに開設します!地方活性化への貢献をめざし、バイヤーが厳選した全国の特産品や銘品を歌舞伎座ならではの視点で紹介。活気溢れる自由で楽しい〝歌舞伎座楽市”を観光PRの拠点として、伝統と感動を提供していきます!ご期待ください!

01

観光しませう!

八月花形歌舞伎の演目『義経千本桜 吉野山』の“奈良県・吉野”、
『与話情浮名横櫛』の“千葉県・木更津”を訪ねました。

狐忠信の碑

時代を越えてさまざまな舞台の中心となった“奈良県・吉野”。
『義経千本桜』の主人公のひとり“狐忠信”の碑があると知り吉野山へ向かいました。
“狐忠信”の正体は、静御前の持つ“初音の鼓”の皮に使われた狐の子。
母を慕うあまり、義経四天王の一人、佐藤忠信に化けて、静とともに旅をしていました。
その狐をしのぶ碑は脳天大神に向かう参道にあります。
蔵王堂横の階段を降りること445段、「狐忠信霊」と彫られた石碑がひっそりと建っていました。
碑の後ろの崖から、今にも狐が“ひょっこり”と出てきそうです。

与三郎の供養墓・こうもり安の墓

「切られ与三」と異名をとった与三郎のお墓が、ゆかりの地・木更津の光明寺(こうみょうじ)に建てられています。
『与話情浮名横櫛』 は運命的な出会いをした与三郎とお富の変転を描いた「世話物」の代表作。
「しがねえ恋が情けの仇」から始まる名ぜりふは聞きどころです。
歩いてすぐの選擇寺(せんちゃくじ)には、相棒の「こうもり安」のお墓もあります。
劇中では、すっきりした与三郎に対して、少々野暮な雰囲気の「蝙蝠の安五郎」ですが、実際はなかなかの男ぶり、天性の美声で花柳界の寵児と言われるほどの人物だったとか。

02

買いたいものはここにある!

日本中が舞台の歌舞伎。その地に銘品あり!

  • 中井春風堂 「吉野本葛湯」『義経千本桜 吉野山』

    葛根100%の吉野本葛と徳島県で栽培された竹糖より精製される阿波和三盆糖だけを使用した、最高級の葛湯です。葛特有の薬効成分からの血行促進効果や、和三盆の持つたっぷりのミネラルが疲れた体に沁みわたります。

  • 中井春風堂「葛もち(黒みつ入り)」『義経千本桜 吉野山』

    やわらかい葛もちに、とろりとした黒みつが入っています。きな粉がまぶしてありますが、別にきな粉が付いているのでたっぷりと絡めてお召し上がりください。

  • 中井春風堂「葛ラムネ」『義経千本桜 吉野山』

    混ぜ合わせた生地を杵と臼で長時間つき合わせる伝統的な技法をもとに、ほどよい酸味とシュワシュワ感を楽しめる“葛ラムネ”上品な口どけや滑らかさをお楽しみいただけます。レモン・甘夏・青リンゴ・ラズベリーの4種入り。

  • 小泉酒造「与三郎」『与話情浮名横櫛』

    創業寛政5年(1793年)200年余りの歴史を持つ老舗の酒蔵である小泉酒造から、千葉県木更津にゆかりのあるお酒です。与三郎、飲むほどに飽きの来ないキリッとした淡麗辛口の旨いお酒です。

  • 小泉酒造「吟醸 お富さん」『与話情浮名横櫛』

    同じく小泉酒造から「吟醸酒 お富さん」は、上品な香り、気品溢れる透明感のある逸品です。優しく優雅な香りと共に、米の旨味や甘味が広がります。後味にはスッキリと引き締まった酸の余韻が心地よいです。

03

木挽町広場は“日本物産展”会場!

1日約1万人の人が訪れる木挽町広場。
そこには毎月地域の名物が集まります。
いままでに出店PRしたお店をご紹介。

  • 木挽町広場で繰り広げられた
    「ハイヤ踊り」熊本県天草PR
  • 歌舞伎茶屋で舌鼓!
    早川町特産品の販売と試食山梨県早川町PR
  • 「くにみももたんとミスピーチ」が
    来場して人気の桃をPR福島県国見町PR

サイトオープンは2020年末を予定。
全国からサイト掲載・出店を募集しています。

出店要項

問合せ先