歌舞伎座楽市とは

全国各地の観光・商品・店舗を紹介する「歌舞伎座楽市」を新たに開設します!地方活性化への貢献をめざし、バイヤーが厳選した全国の特産品や銘品を歌舞伎座ならではの視点で紹介。活気溢れる自由で楽しい〝歌舞伎座楽市”を観光PRの拠点として、伝統と感動を提供していきます!ご期待ください!

★歌舞伎座楽市チャンネル(YouTube)もご覧ください★

観光しませう!

鶴屋南北と四谷怪談

九月第三部の『東海道四谷怪談』は四世鶴屋南北の作品です。
四月・六月に上演された『桜姫東文章』、十月第一部の『天竺徳兵衛新噺』も、同じく鶴屋南北の書いたお芝居です。

“大南北(おおなんぼく)”とあがめられたこの鶴屋南北は、“生世話(きぜわ)”という、芝居の世界を生み出したといわれています。この“生世話”とは、普通の町人より、さらに低い階層の、下町のどん底生活を、濡れ場、殺し場、ゆすり場、などをふんだんに盛り込み、ナマナマしく描いたのが特徴で、これらの話は、現代の混沌とした世相にも通じるものが感じられます。

『東海道四谷怪談』の主人公 お岩様は、実在した女性をモデルにしたと伝えられています。
そのお岩様を祀っているのが四谷・左門町にある「於岩稲荷田宮神社」と「陽運寺」。お岩様の眠るお墓は巣鴨「妙行寺」にあります。
お岩様にまつわるお芝居や映画などの関係者は、この三か所を巡り、成功の祈願と興行の安泰をお参りするのが恒例となっているそうです。

写真上:妙行寺とお岩様のお墓
写真下左:於岩稲荷田宮神社
写真下右:陽運寺

買いたいものはここにある!

日本中が舞台の歌舞伎。その地に銘品あり!

地芝居・地歌舞伎のまちへ

全国の地芝居・地歌舞伎をご紹介します。

「清流の国ぎふ 2020地歌舞伎勢揃い公演」再開

全国でも地歌舞伎が盛んな地域のひとつである岐阜県には、30を超える地歌舞伎保存団体があります。

昨年から新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から一時中断していた「地歌舞伎勢揃い公演」再開のお知らせです。
岐阜県内の地歌舞伎保存団体がぎふ清流文化プラザに集結し、順次演目を披露します。
各地で受け継がれる地歌舞伎の魅力をぜひお楽しみください。

期間は2021年3月14日(日)~8月29日(日)となります。

※出演団体、演目、開催日は変更となる可能性があります。最新情報は、ぎふ清流文化プラザHPにてご確認ください。

詳細はこちら
チラシの表面・裏面はこちら(PDF)

木挽町広場は“日本物産展”会場!

「厳選 全国物産展」開催中(9/27・月まで)
詳しくはこちらをご覧ください
限定セットをインターネットショップかお店で販売中です。


全国からサイト掲載・出店を募集しています。

出店要項

問合せ先