歌舞伎座楽市とは

全国各地の観光・商品・店舗を紹介する「歌舞伎座楽市」を新たに開設します!地方活性化への貢献をめざし、バイヤーが厳選した全国の特産品や銘品を歌舞伎座ならではの視点で紹介。活気溢れる自由で楽しい〝歌舞伎座楽市”を観光PRの拠点として、伝統と感動を提供していきます!ご期待ください!

★歌舞伎座楽市チャンネル(YouTube)もご覧ください★

観光しませう!

九州《福岡・佐賀・長崎・大分》

福岡県 天孫降臨の山 英彦山

福岡県北部にそびえる霊峰・英彦山。出羽の羽黒山、熊野の大峰山と並ぶ日本三大修験の山として、古くから厚く信仰され、多くの登山愛好家が訪れます。また、英彦山の麓は、梅野下風・近松保蔵合作「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」に毛谷村として登場します。
英彦山信仰において、大きな拠点となるのが「英彦山神宮」です。「天孫降臨」で知られる太陽神 天照大御神の子・天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が主祭神で、中岳山頂の上宮を本殿とし、中腹にある奉幣殿で年間祭祀や祈願が行われています。神々しい雰囲気で、心身が清まる感じがします。
800年の伝統を誇る「英彦山がらがら」は、素焼きならではの乾いた音色が特徴の土鈴で、家の玄関に魔除けとして置くなど、人々の生活を守る存在として親しまれています。

写真
上段:英彦山神宮銅鳥居(かねのとりい)
中段左:奉幣殿
中段右:参道
下段左:中岳山頂・上宮
下段右:英彦山がらがら

佐賀県 鹿島市 日本酒ファンが集うまち

鹿島市は佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれ自然環境に恵まれた場所です。日本三大稲荷「祐徳稲荷神社」には国内外から年間300万人以上の参拝者が訪れる人気の神社がある事でも知られていますが、ここ数年は「日本酒のまち」として全国的に注目を集めています。市内には現在も6つの造り酒屋があり、毎年3月には合同酒蔵開きである「鹿島酒蔵ツーリズム」が開催され、2019年には約10万人の日本酒ファンが訪れました。その他干潟で泥んこになって行う「鹿島ガタリンピック」、「ラムサール条約湿地」に登録された「肥前鹿島干潟」等の有明海の自然にも是非触れて頂ければと思います。

写真
上段:祐徳稲荷神社
中段左:道の駅鹿島干潟体験
中段右:肥前浜宿

長崎県 長崎の2つの世界遺産

美しい自然と豊富な観光資源に恵まれた長崎県。 多くの離島を有し、県の総面積の45.5%は「しま」で、海岸線の長さは北海道に次いで全国2位です。
そんな長崎県には過去から現在、そして未来へ引き継いでいくべき二つの世界文化遺産があります。一つは、2015年に登録された「明治日本の産業革命遺産」。もう一つは、2018年に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。どちらも長崎からはじまった日本の歴史の1ページ。壮大なドラマと神秘的なかおりが感動を呼び起こします。このほか、日本遺産の第一号に認定された「国境の島 壱岐・対馬・五鳥」や世界新三大夜景にも数えられる長崎市の夜景、 海や山の豊かなめぐみなど、長崎県には魅力がいっぱい詰まっています。ぜひ長崎県にお越しください。

写真
上段:大浦天主堂(長崎市)
中段左:軍艦島(端島)(長崎市)
中段右:稲佐山からの夜景(長崎市)
下段左:高浜海水浴場(五島市)
下段右:白嶽(対馬市)

大分県 坐来大分

「坐来大分」は銀座にある大分県公式アンテナショップ型レストランです。 『坐来』とは『いながらにして』という意味で、東京銀座にいながらにして、大分に憶いを馳せる、という思いが込められています。
「坐来大分」では、大分の海と山から届いた季節の食材をふんだんに使用した彩り豊かな月替わりのコースを召し上がっていただけます。
また、豊の国のおいしさを個室で味わっていただける昼膳や、テイクアウトできる大分の「おいしい」を詰め込んだお弁当・折詰をご準備しております。いずれも、前日までの要予約となっております。
さらに、エントランス横では、柚子胡椒や乾しいたけ、銘菓などこだわりの品々をセレクトして販売しています。
坐来大分に隣接する「おおいた情報館」では、大分県内の観光パンフレットをご準備しておりますので、旅行先の情報収集やご相談にお気軽にご利用ください。

坐来大分(ZARAI OITA)
東京都中央区銀座2-2-2 ヒューリック西銀座ビル8F
ランチ  12:00~14:00(L.O. 13:30)
ディナー  17:00~22:00(L.O. 21:00)
ギャラリー(物販) 11:30~
店休日 日曜日、祝日、第1土曜日
TEL 03-3563-0322
※緊急事態宣言の発令に伴い、2月28日まで臨時休業とさせていただきます。

買いたいものはここにある!

日本中が舞台の歌舞伎。その地に銘品あり!

  • 「ピーナツせんべい(22枚入)」1,000円『本朝廿四孝』

    舞台となった諏訪大社みやげ、大社煎餅「ピーナツせんべい」。
    熟練した職人の手で仕込みから焼き、包装に至るまで全て手作業。
    噛めば噛むほど、ピーナッツの香り・芳ばしさが楽しめる煎餅です。

  • 「どろぼう(120g)」450円『泥棒と若殿』

    「どろぼうしてでも食べたい」ほど美味しいと言われ、この名が付きました。
    “山幸(しゃんこ)”とは、米や粟など穀物を黒砂糖で固めた「おこし」の事。
    昔から京都で山幸を販売する格子家の人気商品。いまではめったにお目にかかれない、珍しい和菓子をぜひどうぞ!

  • 「将門煎餅(厚焼き10枚入)」700円『神田祭』

    舞台となる神田明神土産の定番です。
    関東平野の水稲米を使用し、吟醸された風味のよい醤油をタレにしています。

地芝居・地歌舞伎のまちへ

全国の地芝居・地歌舞伎をご紹介します。

「清流の国ぎふ 2020地歌舞伎勢揃い公演」再開

全国でも地歌舞伎が盛んな地域のひとつである岐阜県には、30を超える地歌舞伎保存団体があります。

昨年から新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から一時中断していた「地歌舞伎勢揃い公演」再開のお知らせです。
岐阜県内の地歌舞伎保存団体がぎふ清流文化プラザに集結し、11日間にわたり順次演目を披露します。
各地で受け継がれる地歌舞伎の魅力をぜひお楽しみください。

期間は2021年3月14日(日)~8月29日(日)となります。


詳細はこちら
チラシの表面・裏面はこちら(PDF)

地歌舞伎WEB鑑賞会

そしてもうひとつ、自宅にいながら岐阜県の地歌舞伎を楽しめるWEBプログラムのご紹介です。
事前に収録した名演技を案内人(地歌舞伎保存会)の生解説とともにお楽しみいただき、参加者には、地元の特産品や地歌舞伎のグッズをプレゼントとの事です。


詳細はこちら
地歌舞伎WEB鑑賞会(1)「伽羅先代萩」御殿の場・政岡忠義の場より床下の場まで
地歌舞伎WEB鑑賞会(2)「菅原伝授手習鑑」四段目寺子屋の場
地歌舞伎WEB鑑賞会(3)「陸奥白萩老後政岡」綱村館飯焚歌の場

木挽町広場は“日本物産展”会場!

歌舞伎巡業公演地 第3回北陸地方物産展」(3/10・水まで)
ひがし北海道 十八番店釧路編」(3/14・日まで)を開催!


全国からサイト掲載・出店を募集しています。

出店要項

問合せ先